Their Words: Masato Kudo

Their words: Masato Kudo opens up about the collision after making his return

EDITOR'S NOTE: Scroll to the bottom of the page to read the letter in Japanese. 

Their stories, their emotions, their words. That, in a nutshell, is what this series on whitecapsfc.com is all about. What better way to get to know the 'Caps – your 'Caps – than to hear from them directly. No filter. No fluff. Just their words. 

Today, Japanese striker Masato Kudo opens up about the fractured jaw he suffered in a scary collision with Chicago Fire goalkeeper Matt Lampson on May 11 at BC Place.

This was the first real injury I’d ever had since I started kicking a soccer ball at the age of three.

I don't really remember what it was like when it happened, but I know for sure that – more than feeling the pain – I was really mad at myself for getting injured right after my first goal.

That goal was very special for me.

I was hungry to score a goal from the day I got here in Vancouver, because I knew that was the reason I had been signed for. The fact that I got the goal in a derby game against Portland with BC Place full of fans, supporters, and filled with enthusiasm made it even more memorable.

Since I got a late start due to the medical issue I had in February, I knew I needed to score a goal as soon as possible to receive acceptance by the coaches, teammates and supporters. After that goal, I finally felt that everyone might start to recognize me as number 9. I was very happy that my boss, coaches, teammates and supporters congratulated me on the goal. Pa and Kekuta had planned the celebration for my first goal, and we finally got to do the "Sumo wrestling" that day!

Four days later, it happened.

One moment I was chasing the long ball from Laba, and the next moment I collided with the goalkeeper. That kind of ball from Laba is my forte, so I remember thinking: “I might be able to score here.” I was too absorbed by the ball and lost track of the keeper.

I woke up to find myself laying down on a bed in the hospital.

My wife stayed with me for the whole time. Soon thereafter, I heard my boss (Robbo) came by to see me right after the game. I didn't get to see him, but I felt the warmth in his heart once again.

On the next day, right before the surgery, Greg Anderson, Bob Lenarduzzi, and Joe Jesseau came to see me with a get-well card filled with words of encouragement and a flower for my wife. The only thing I could tell them was: “I'm sorry for being injured.” I was – and still am – disappointed that I was unable to be a part of the team for more than a month.

It was just after the surgery that my father-in-law came to visit all the way from Japan.

Even though my wife never showed her worries and anxiety to me, I know she was feeling scared, helpless, and lonely. So her dad’s visit was something truly meaningful.

My mom was here the next day to see me (my dad and mother-in-law couldn’t take the time off from work). She told me she was very anxious and she couldn’t keep still. But I was just so relieved to be with my family when I was in such a condition. Even though it was only for a few days, their mere presence gave me the courage to overcome this injury.

I really felt the support – and not only from family and friends.

My teammates and all the staff at the club sent me texts immediately to cheer me up. Their wives and girlfriends sent my wife and I a beautiful flower and get-well card, too.

They were so thoughtful.

After a while, I got a heartwarming letter from Matt Lampson, the goalkeeper for Chicago Fire who I collided with. I would like to thank him for caring about me – and also his teammates who took part in the emergency aid to help me. I can't wait to meet (play) them again.

I've also received so many encouraging messages from fans and supporters on Twitter and Instagram. Some of them even sent me a handwritten letters. I read through every single message and realized how lucky I am to have so many people at my back. I cannot thank everyone enough for everything.

This was probably the first time I didn't play soccer for such a long time.

It was tougher than I expected, not being able to play the game that I love. Soccer is something that I can hardly be separated with from my daily life.

However, my wife has been really supportive from the moment I left the pitch that day. She always made me smile when I needed it the most, and cheered me up during the most difficult period of time in my life. She even made me nutritious smoothies 10 times a day – sometimes more – to make sure I didn’t lose too much weight. I wouldn’t have been able to get through this without her.

I am deeply grateful to all of you for the encouragement and support.

I hope I can show my gratitude with goals.  

移籍後の初ゴールは、僕にとって特別なものでした。

アカデミーの頃から所属していた柏レイソルを離れ、今年1月に点取り屋としてホワイトキャップスに加入した僕は、バンクーバーに着いたその日から、チームのためにゴールを獲りたい一心でトレーニングを積み重ねてきました。

2月に少し体調を崩したことで他の選手から遅れを取っていたこともあり、監督やコーチを始め、チームメイトやサポーターに一日でも早くチームの一員として認めてもらうためにも、何より "ゴール" が必要な事は自分でもよく分かっていました。

その日はポートランドとのダービー戦ということもあり、チケットは完売。スタジアムは22,120人ものファンやサポーターで埋め尽くされていました。

前半相手チームに得点を決められ、0-1で迎えた後半14分、Techeraからペナルティーエリア近くでパスを受けた僕は左サイドからキーパーのニアサイドを打ち抜きました。

その瞬間、BC Placeの大観衆は一斉に沸き、スタジアム全体が歓喜と熱気に包まれたのを感じました。

前日の5月6日は僕の誕生日だったので、チームのみんなからバースデーゴールおめでとう!と祝ってもらいました。

また、"お前がゴールを決めた時には日本らしいパフォーマンスをしよう!" と前々から相撲取りの動画を見て練習をしてくれていたチームメイトのPaとKekutaと念願のSumo Celebrationも披露することができました。

あのゴールを決めた後からようやく "ホワイトキャップスの9番" として、チームに受け入れてもらえたような気がしました。

そして、4日後 ー

ボランチのLabaから僕の得意とするディフェンス裏へのロングボールが来た瞬間、"これは絶対にゴールが獲れる" - そう確信を持ちながら夢中になってボールを追い掛けていました。

しかし、ゴールの方へ振り向くと、視野の片隅にいたはずのキーパーは既に避けることの出来ない距離にいました。 

そして次の瞬間、あの衝突が起きました。

"この絶好のゴールチャンスを逃すわけにはいかない" という気持ちが強すぎて、ボールに気を取られ過ぎてしまっていたのだと思います。

それが初めての怪我でした。

兄の背中を追うように、3歳からボールを蹴り始めた僕は、今まで一度も大きな怪我をした事はありませんでした。

脳震盪を起こしていた事もあり、その衝突が起きた時のことは正直、あまり覚えていません。

ただ、ゴールを決めた直後の試合でのアクシデントだったので、ピッチを離れてから頭の中は絶望と憤怒でいっぱいで、実際に身体の痛みを感じ始めたのは数時間後のことでした。

目が覚めた時には病院のベッドの上で横たわっていました。

それからしばらくして、監督が試合直後に病院まで駆けつけてくれたことを知りました。僕はちょうど簡易手術の最中で、直接会うことはできなかったのですが、その時改めて監督の人柄の良さを感じました。

僕は本当に指導者に恵まれていると思います。

次の日、手術直前にチームの社長と副社長が寄せ書きでいっぱいの色紙と花を持って、見舞いに来てくださいました。チームを1ヶ月以上離脱しなくてはならないことが何よりも悔しくて、僕はただ、"怪我をしてしまって、申し訳ない"、と言うことしか出来ませんでした。

手術が終わり、意識が戻った頃には義父が妻と病室にいました。

僕の前で不安な様子を一切見せなかった妻も、日本から駆けつけてくれた実父が側にいてくれて心強かっただろうと思います。

13日には、母がバンクーバーまで来てくれました。

初めての怪我だったので、とても心配でじっとしてはいられなかったそうです。(父と義母は仕事のため来ることができませんでしたが、日本から随時連絡をしてくれていました。)

たった数日でも、あのような状況の時に家族と過ごせたことでこの苦境を乗り越えることが出来たのだと思っています。

家族や友人だけでなく、あの晩、チームメイトとチームスタッフ一人ひとりから励ましのメールが届きました。また自宅へ帰るとチームの奥さんたちから、手紙と素敵な花が届いていました。みんな本当の家族のように心配してくれて、本当にこのチームに来て良かったと身にしみて感じました。

ちょうど2週間が経った頃、あの日僕が衝突をしたゴールキーパーのMatt選手から自筆の手紙が届きました。
そこには、"怪我をさせてしまって本当に申し訳なく思っている  早くピッチに帰って来ることを願っているし、復帰するまで私に出来ることがあれば何でもするのでいつでも連絡下さい" と書いてありました。

あの日以降も心配してわざわざ手紙をくれたMatt選手、そして、応急処置を手伝ってくれた彼のチームメイトに本当には感謝しています。
彼らと対戦できる日が今から楽しみです。

また、TwitterやInstagramを通して温かいメッセージをくださったサポーターの皆様、本当にありがとうございました。クラブハウスに届いた手紙も、全て受け取りました。
その一つひとつが僕の励みとなり、今こうしてまたサッカーが出来るまでに回復しました。
こんなにたくさんの人に支えてもらえて、感謝の気持ちでいっぱいです。

僕にとってサッカーは小さい頃から生活の一部であり、サッカーの無い日常なんて考えたことすらありませんでした。
初めてボールを触った日から今まで、こんなに長い間ボールを蹴らなかったことはなかったと思います。

だから、この2ヶ月は想像していたよりもずっと苦しかった。

でも、あの日ピッチを離れてからずっと妻が僕のそばに居てくれました。
人生で一番つらい時に、明るく振舞い、前向きに励まし続けてくれました。
体重を落とし過ぎないよう、1日何度も何度も栄養バランスを考えた流動食を作ってくれました。

妻のサポートがなければこんなに早く復帰することはできなかったと思います。

あの日から今日まで僕を励まし支えて下さった全ての皆様に、改めて心から感謝いたします。
この恩はゴールでお返ししていきたいと思っています。

これからも応援宜しくお願いします!

Topics: